当サイトにはプロモーションが含まれています

旅のサブスクHafHは怪しい?ビジネスモデルと仕組みを徹底調査してみた

HafHを始めたい方へ

今なら100コイン(3300円分)が追加でもらえる!

今なら25コイン(825円分)が追加でもらえる

HafHって怪しくない…?

HafHってどんな仕組みで成り立ってるの?

旅のサブスクって実際どのくらい注目されているの?

本記事は、このような悩みを抱えている方に読んでいただきたい内容となっています。

本記事のテーマ

旅のサブスクHafHは怪しい?ビジネスモデルと仕組みを徹底調査してみた

記事の信頼性

この記事を執筆している僕は、旅行好きの大学4年生。

感染症が流行る前から「HafH」を使い始め、累計80泊以上宿泊してきた旅行オタクです。

読者さんへの前置きメッセージ

「旅のサブスクHafH」がお得である理由の1つとして、

「年間を通して一定の価格で宿泊施設を利用できる(=繁忙期の宿泊施設の価格高騰を無視できる)」

という部分を挙げる方が多くいらっしゃいます。

実際、3年間HafHを利用してきた僕としても、このおかげでお得に旅行させていただいています。

ただ、冷静に考えたとき、疑問が浮かんできました。

「HafHって何でお得に旅行できるんだろう?」「どんな仕組みなんだろう?」と。

そこで、本記事では、HafH歴3年以上のヘビーユーザーが、HafHの仕組みと今後の展望について徹底調査し、ビジネスの観点から考察してみました。

普段の記事よりも少しお堅めな記事となっていますが、力を入れて執筆しましたので、ぜひ最後までお付き合いいただけると幸いです。

それでは、さっそく見ていきましょう。

HafHに関する基本情報はこちらをチェック!
ryo
ryo

旅行好きの大学生。2020年からHafHを利用し始めて、月に1回以上、HafHを利用してお得なスポットに泊まりに行ってます。ブログを通して、HafHでお得に旅行するための方法を紹介していきます。

ryoをフォローする

旅のサブスクHafH(ハフ)とは?

「HafH(ハフ)」とは、株式会社KabuK Styleが2019年に立ち上げた「旅のサブスク」を提供するサービスです。

内容を一言で表現するならば、

毎月定額を支払うことで、“HafHとの提携済み宿泊施設”をお得に利用できるサブスク方式のサービス

といった感じです。

サブスクとは”サブスクリプション”の略で、会員制の定額サービスを指します。

サブスクリプションは、月単位または年単位で定期的に料金を支払い利用するコンテンツやサービスのこと。商品を「所有」ではなく、一定期間「利用」するビジネスモデル。日本ではサブスクとも略される。

サブスクリプション – Wikipedia

「ハフコイン」と呼ばれるサービス内通貨を上手く活用することで、普通に予約するよりも断然お得に泊まることができ、「気軽に安く旅行が出来る手段」として注目されています。

「旅のサブスクHafH」を支えている仕組み

まずは、HafHがお得であるといわれる所以について解説していきます。

個人的に調べてみた結果、HafHを支えている仕組みとして、特徴的なものが2つ見つかりました。

  • 独自アルゴリズムによる価格の安定化
  • 業界大手との業務提携

ひとつひとつ解説していきます。

独自アルゴリズムで価格を安定させている

引用元:HafHコインについて – HafH

HafHは、スタートアップ企業の「株式会社KabuK Style」によって始まったサービスでありますが、これまで「旅のサブスク」を提供するために幾度となく試行錯誤してきました。

KabuK Styleは、その中でも「旅のサブスク」を実現させるためのコアアルゴリズム(※1)の強化に力を入れているそうです。

(※1)
宿泊価格や航空券価格等の旅行に関する価格データ、当該価格での需要推定を行い、HafHコインという独自の仕組みを通じて価格を安定化させるシステム

トラベルフィンテックのKabuK Styleが韓国で急成長中のホテルSaaS企業を買収、アジアトラベル領域のDXを加速|株式会社KabuK Styleのプレスリリース (prtimes.jp)

「HafH」の最大の特徴と言えば、繁忙期価格に影響されることなく、1年を通じて一定の価格で宿泊施設に泊まったり、航空券を利用できるという点。

しかし、旅行業界においては、飛行機やホテルの価格といった旅行関連のサービスは、需要と供給に応じて価格を変動させる販売方法を採用しているところが多く見られます。

※こうした販売方法を「ダイナミック・プライシング」といいます。

HafHはこういった旅行業界の現状を打破しようと試みているようです。

そこで、先ほどご紹介したコアアルゴリズムの開発に踏み切ったのだと思います。

これは完全なる個人の意見ですが、利益と支出を月単位ではなく年単位で捉えて、月単位の利益と支出を平均化することで、繁忙期価格や土日価格に影響されにくく、ハフコインの価格を安定させているのではないかと推測しています。

業界大手と業務提携している

引用元:KabuK Style × 星野リゾート 旅のサブスク「HafH(ハフ)」で提携開始|株式会社KabuK Styleのプレスリリース (prtimes.jp)

HafHのお得を支えているものとして、KabuK Styleが業界大手と業務提携しているということが挙げられます。

これを仕組みと呼ぶかどうかはさておき、近年のHafHは、航空業界の大手やホテル業界の大手との提携を強化しています。

例えば、以下のような企業が挙げられます。

  • 星野リゾート
  • ホテルニューオータニ
  • ANA
  • Peach(格安航空会社)

このおかげで、星野リゾートのOMO(オモ)シリーズに公式サイトよりも安く泊まれたり、ハフコインを使って航空券を予約することができるのです。

HafHのビジネスモデル(ピクト図解)

本記事執筆現在、HafHのビジネスモデルについて、ネット上で見つけることができませんでした。

そこで、2024年2月現在のHafHのビジネスモデルについて、分かる範囲の情報から独自に作成してみました。

作成日:2023年8月22日

左側は「ユーザーが宿泊施設を予約した際の流れ」、右側は「ユーザーが航空券を予約した際の流れ」を示しています。

ご注意
  • 情報の主な参照元は【株式会社KabuK Style】のプレスリリースです。
  • 本ブログのサイト管理人が独自に作成したものです。
  • 実際のビジネスモデルとは異なる可能性があるので、参考程度にお願いします。

なお、こちらに関してご意見がある方は、コメント欄やお問い合わせフォームに記入していただけると幸いです。

世界が「旅のサブスクHafH」に注目している

実は、HafHは僕たちが知らないところで大きな評価を受けています。

その影響力は「世界中がHafHに注目している」といっても過言ではないほど。

ここでは、その事例として、以下の3つを紹介していきます。

  • 韓国の国際スタートアップイベントにて最優秀賞を獲得
  • HafHの運営会社が「急成長企業ランキング2023」にて日本1位獲得
  • クラウドファンディングで1000万円調達済み

それぞれ見ていきましょう。

韓国の国際スタートアップイベントにて最優秀賞を獲得

引用元:KabuK Styleが韓国最大級の国際スタートアップイベント「NextRise 2023」にて海外企業初となる最優秀賞を獲得|株式会社KabuK Styleのプレスリリース (prtimes.jp)

HafHの運営会社「KabuK Style」が、2023年6月1日にソウルで開催された「NextRise 2023」にて海外企業初となる最優秀賞を獲得しました。

「NextRise Awards」は、2019年より始まった韓国最大のスタートアップイベント「NextRise」が今年初めて新設したスタートアップの革新を促進するための賞です。参加したスタートアップの海外進出と効率的な支援を目指してしています。

KabuK Styleが韓国最大級の国際スタートアップイベント「NextRise 2023」にて海外企業初となる最優秀賞を獲得|株式会社KabuK Styleのプレスリリース (prtimes.jp)

HafHの運営会社が「急成長企業ランキング2023」にて日本1位獲得

引用元:旅のサブスク(R)「HafH」を運営するKabuK Style、英・Financial Times社「アジア太平洋地域における急成長企業ランキング2023」に選出|株式会社KabuK Styleのプレスリリース (prtimes.jp)

HafHの運営会社「KabuK Style」が、2023年3月20日に開催された「High-Growth Companies Asia-Pacific 2023」にて、Hospitality & Travel部門で日本1位(世界3位)、総合で日本5位に輝きました。

「FT ranking: High-Growth Companies Asia-Pacific 2023(アジア太平洋地域における急成長企業ランキング2023)」は、アジア太平洋地域の経済的成長に最も貢献の高い企業を特定するため、英国の有力経済紙「フィナンシャル・タイムズ」を発行するFinancial Times社と、ドイツの統計調査データを提供するStatista社が共同で実施している調査です。

旅のサブスク(R)「HafH」を運営するKabuK Style、英・Financial Times社「アジア太平洋地域における急成長企業ランキング2023」に選出|株式会社KabuK Styleのプレスリリース (prtimes.jp)

クラウドファンディングで1000万円調達済み

引用元:「福岡に“旅して働き、暮らせる拠点”を持とう!」HafH直営施設が福岡にオープン|マクアケ – アタラシイものや体験の応援購入サービス (makuake.com)

2018年に実施されたクラウドファンディングでは、目標金額200万円のところ、その5倍である1000万円もの応援金額が集まりました。

正直、当初のHafHは現行のHafHとかなりスタイルは異なっていたのですが、コロナ渦をものともせず、これだけの金額を集めたというのは素晴らしい功績だと思います。

【個人的見解】今後HafHが世界的サービスになり得る

ここからは、僕自身の見解でHahHの今後の展望について考察していきます。

個人的には、HafHは今後も大きく成長し続けて、いずれ世界的なサービスになると考えています。

その理由として、大きなものを3つ挙げさせていただきました。

  • 未開拓の市場を切り開こうとしているから
  • ビジネスモデルが高い評価を受けているから
  • 海外の提携宿泊施設の数が増えてきているから

ひとつひとつお伝えしていきます。

未開拓の市場を切り開こうとしている

HafHはもともと、旅行業界の「市場の遅れ」と「DX(デジタルトランスフォーメーション)化の遅れ」に目を付けた結果、誕生したサービスです。

先ほどもお伝えした通り、HafHは、旅行業界で20年以上も使われているダイナミック・プライシングという販売方法をやめ、新たな方法としてサブスクリプション形式を選んだというわけです。

需要と供給に応じて価格を変動し「適正価格」で販売する仕組み=ダイナミック・プライシング

旅に「定額」を持ち込んだ、新機軸の旅行ビジネス誕生秘話 (newspicks.com)

また、HafHでは宿泊施設のDXを全面的にサポートし、パートナーとしてデータに基づいた課題解決サービスをリリースする計画を進めているそうです。

リモートワークや副業が世間にも広く浸透してきたことを背景に、全く新しい角度から、旅行の新たな形式を提案し続けるHafH。

未開拓の市場を切り開き、世間の流れに合わせて成長し続けようとするHafHからは、今後も目が離せないなと個人的に感じています。

ビジネスモデルが高い評価を受けている

本記事でもお伝えした通り、HafHは世界中から高い評価を受けています。

海外では、

  • NextRise 2023(2023年6月1日)
  • High-Growth Companies Asia-Pacific 2023(2023年3月20日)

国内では、

日本サブスク大賞2021

のグランプリ(日本一)にも輝いたという実績があります。

これほどの注目を集めるHafHが評価されるポイントとしては、何といってもそのビジネスモデルにあります。

サブスクリプション型とマッチング型のハイブリットタイプであるHahHは、現代の旅行業界の新しいスタイルを作り出しています。

2019年にスタートアップとして始まったサービスですが、さらに熟成されていくことで、消費者からも愛されるようなサービスになっていくことでしょう。

海外の提携宿泊施設の数が増えてきている

2024年2月現在、HafHを利用して宿泊できる施設の数は毎月増えてきています。

国内では、提携先宿泊施設の数が増えてきて、有名人気ホテルにも宿泊できるようです。

提携先ホテルの例
  • 星野リゾート
  • オリエンタルホテル
  • ニューオータニホテルズグループ
  • マイステイズホテル

国外では、

  • 台湾(台北、台中)
  • オーストラリア(シドニー)
  • ベトナム(ホーチミン)
  • カンボジア(プノンペン)
  • タイ(バンコク、プーケット)
  • 韓国(釜山、ソウル)

といった国にも提携宿泊施設の数を増やしてきています。

また、2023年4月には、韓国法人も設立し、日本にとどまらず世界市場での需要獲得を目指すにあたっての第一歩を踏み出しました。

今後は、アジアを中心とした海外展開への注力を予定しているそうです。

HafHが積極的に海外に進出しているという事実からも、HafHが世界的なサービスになるというのは、もはや時間の問題なのかもしれません。

HafHへの登録方法

HafHへの登録は、以下の7ステップで完了させることができます。

  1. HafHの公式ページにアクセスする
  2. 「登録ボタン」を押す
  3. 登録方法を選ぶ(メール or Gppgle or Facebook)
  4. 招待コードを入力する
  5. クレジットカード情報を入力する
  6. 利用規約などの項目に同意する
  7. 登録完了!

以下の記事でも解説していますので、あわせてお読みください。

今、HafHを始めればもっとオトクに旅行できる!

2024年2月21日現在、本ブログからHafHに登録していただくことで、ベーシックプランであれば100コイン(3300円分)、スタンダードプランであれば25コイン(825円分)のハフコインを無料で手に入れることができます。

※貰えるハフコインはホテル予約や航空券予約などで、登録後スグに利用可能です。

つまり、上記の特典の恩恵をフルに活用することで、

「ベーシックプラン」の場合、
105ハフコイン(通常3,465円分)を
2,980円で、485円オトクに!

「スタンダードプラン」の場合、
400ハフコイン(通常13,200円分)を9
,800円で、3,400円オトクに!

この機会に、浮いた分のお金で美味しいご飯を食べてみたり、行きたかったレジャー施設に足を運んでみてはいかがでしょうか。

今なら100コイン(3300円分)が追加でもらえる!

今なら25コイン(825円分)が追加でもらえる

まとめ

本記事では、旅のサブスクHafHを支える仕組みについてお伝えしてきました。

そして、HafHがお得であると言われる理由とそれを支える仕組みとしては、以下の2つであるという結論に達しました。

  • 独自アルゴリズムによる価格の安定化
  • 業界大手との業務提携

そして、個人的な意見として、以下の理由から、今後HafHが世界的なサービスになり得るというお話をさせていただきました。

  • 未開拓の市場を切り開こうとしているから
  • ビジネスモデルが高い評価を受けているから
  • 海外の提携宿泊施設の数が増えてきているから

なお、本記事に記載している内容は、いちHafHユーザーが独自に調べて執筆したものですので悪しからず。

HafHのヘビーユーザーとして、少しでもHafHに興味を持っていただけましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考ページ・参考サイト

今なら100コイン(3300円分)が追加でもらえる!

今なら25コイン(825円分)が追加でもらえる

コメント